能登とニャンコと時々ダンス

石川に生まれ能登を愛し、ニャンコとダンスが生きがいの、「くろべえ」と「きなこ」のママのブログです。

能登

一日1粒で医者いらず 梅干し漬けました

投稿日:

先日リーダーさんとy先生に一生懸命採ってたもらった梅を
梅干しにするために塩漬けしました
(田舎のリーダーさん達は何でもしないといけないのです)


役15Kの梅の塩漬け

梅干は古来より日本人の食を支えてきました。
1日1粒の梅干で医者いらず」という言葉があります。

梅干がどのように体に良いのか、
その驚くべき効果についてご紹介します。

1 食中毒予防
梅干の塩分には「クエン酸」をはじめとする数々の有機酸にも強力な殺菌力があります。
これらが、0-157など、サルモネラ菌・黄色ブドウ球菌といった
食中毒を引き起こす細菌を抑制してくれるのです。
さらに梅干のすごいところは、悪玉菌だけを殺菌し、
善玉菌は活性化するという機能が備わっているということ。
副作用のない、最高の天然抗生物質といえるでしょう。
(だから昔の日の丸弁当でもお腹壊さなかったのですね)

2 疲労回復
疲労の原因となるのが、乳酸とよばれる物質です。
乳酸が体内にたまると、肩こりや体のだるさだけでなく病気の原因ともなります。
その乳酸を体外へ排出してくれるのが「クエン酸」で、
それを豊富に含むのが梅干なのです。

さらにクエン酸は乳酸をエネルギー源へと変える働きも持っているので、
疲れを取ると同時に、体力のもととなるエネルギーも作りだします

3 便秘・下痢解消

梅は胃や腸の働きを活発にし消化吸収を促進、
不要なものを体外に排出してくれます。
また梅干に含まれる有機酸には、腸内の悪玉菌を抑える作用があります。
つまり、梅には便秘と下痢の両方を治す働きがあるのです。

4 動脈硬化予防
血液の流れが悪くなることで引き起こされる動脈硬化ですが、
その原因となる物質に乳酸やコレステロールがあり、
梅に含まれるクエン酸にはこれらを排出する働きがあります。
また、最近の研究で、動脈硬化にアンギオテンシンⅡというホルモンが関連しており、
梅干がその活性化を80~90%抑制できることが確認されました。

5 抗酸化作用
老化やガン、成人病などの原因となるのが活性酸素ですが、
梅にはその活性酸素を除去する働きのあるポリフェノールが含まれています。
また、同じく抗酸化物質であるクエン酸も含まれていることから、
梅干には高い抗酸化力があると考えられています。

6 軽い有無吸収促進
不足すると骨粗鬆症の原因となるカルシウムですが、
日本人は特にカルシウムが不足しているといわれています。
カルシウムは体内に大変吸収されにくい栄養素のため、
吸収率を高める必要があります。
その吸収を助けるのが梅干に含まれるクエン酸です。
小魚などと梅干を組み合わせて摂ることで、
効率良くカルシウムを摂取できるようになります。

長々書きましたが、昔の人の言うことは
現代社会でもほぼ間違いないです

ただ、梅干しの塩分は高いので
塩分調整の必要な方は控えたほうがいいですね

たまたま親が残してくれた梅の木があるから
梅干しを漬けるようになりました

今では私のお弁当のおにぎりの中身は
もちろん!梅干しで決まり!です

親が残してくれた梅の木で
梅干しを作れることに感謝!
に、ポチッとお願いします。
           

ブログランキング

-能登

Copyright© 能登とニャンコと時々ダンス , 2021 All Rights Reserved.