能登とニャンコと時々ダンス

石川に生まれ能登を愛し、ニャンコとダンスが生きがいの、「くろべえ」と「きなこ」のママのブログです。

社交ダンス

将棋と競技ダンス

投稿日:2021年5月5日 更新日:

いつしか、私のリーダーさんと練習仲間のリーダーさんの間で、
将棋戦をするようになりました。

勝ったり負けたり、毎週将棋してます。

私は将棋は詳しくないのですが、自分の駒の進ませ方と、
対戦相手の手の内を読まないといけないみたいですね。


 
 
 
これは、ダンスの競技に通じるものがあると思います。

競技ダンスは、踊る前のフロアーの位置取りから始まります。

どのペアもジャッジの目につきやすい場所を取ろうとします。
このあたりからもう勝負は始まっています。
 
 
 
準決勝は、1フロアーに12組同時の踊ります。(結構混雑します)

 
 
 
さぁ音楽が鳴りました。

皆LODに向かって踊り出します。
ここからは敵の動きを読みながら、自分達の躍りをしなければなりません

渋滞が起きます。

もちろん、渋滞のなかでも踊りが止まるとダンスではアウト!です。
時にはぶつかって転んで、事故が起きます・・・💧

ですが、不思議なことにA級もしくはプロの試合では見たことはないです。
プロもしくはA級の人達のほうが、動き幅とスピードが激しいのに、
事故は起きないのです。

それだけ相手の動きを読んで、かわして、
臨機応変(アドリブ)の動きが出来る程の、練習を積んでいるのでしょう・・・

 
 
 

 
 
 
決まった足型以外でも、
スムーズに踊れるようになりたい私にポチッとお願いします。
         

+6

ブログランキング

-社交ダンス

Copyright© 能登とニャンコと時々ダンス , 2021 All Rights Reserved.